読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふわとろオムライスの作り方

コード進行に関する備忘録

最近いいなと思ったコード進行(適当)

 

LoveCheat!

Aメロのオンコードのとこ

G C/G  D7/G   G

G A CM7 D G

Ⅰ Ⅳ/Ⅰ V7/Ⅰ Ⅰ

Ⅰ Ⅱmaj  ⅣM7 V Ⅰ

(オンコードで溜めて置いてからのコードAのとこでベースが動き出すのがすごく良い。

C/Gのボイシングが下からソ ミ ソ ド だといいかも。)

サビのラスト

G C♯m7-5/G  CM7 D7

Ⅰ Ⅳ♯m7-5/Ⅰ Ⅳ V7

ここもいいなぁ。ブラスの音選びが好き。

Ⅳ♯m7-5/Ⅰは普通にオンコードじゃなくても使える。

Ⅰ→Ⅳ♯m7-5/Ⅰ→Ⅳはあんまり見たことないような気がする。

 

 

 

 

Fly me to the moonのコード進行、augの使い方

www.youtube.com

1:15~

Key=B♭

Cm7      F7       Dm7-5     Gaug

In other words, please be true

ここほんと好き。

ディグリー表記

Ⅱm7 V7 Ⅲm7-5 Ⅵaug

 ベースの進行だけ見れば2536なので気持ち的には王道っぽいけど、

主旋律のメロディのレ→ミ♭を演出するDm7-5→Gaugが素晴らしすぎると思う。

今気づいたけどベースが5と3の間に経過音入れてる。このコード使うとき参考にしよう。

 

Augコードって一番扱いが難しそうなイメージある。たぶん日本にいて、Augというコードを聴く機会の80%以上が山崎まさよしのOne more time One more chanceのイントロで、残りの20%が店とかで掛かってるボサノヴァである(適当)他にも使われてるところある?

おジャ魔女カーニバル!のAメロ’ 

E♭ Eaug   E6 E7 (きっと毎日が日曜日 学校の中に遊園地)

これもしかり、one more time one more chanceもしかり、

Augは、元のコードから逸脱した音(増5度の音)を半音で動かしてどうこうしてやろうというのが、音楽的な意図なことが多いと思うけど、このFly me to the moonはちょっと違う気がした。Gaug→Cm9で 主旋律はCmの9thの音に半音で着地する感じ....うーん、もっと抽象的で本質的な表現がありそうだけど、Augの使い方が5%くらい分かった気がする。

 

3つからなる循環系コード

Ⅱm7- V7- ⅠM7- ⅠM7

 

Ⅱm7なのでSD(サブドミナント)から開始している。

好き、Maroon5Sunday Morningがこのコード進行の真骨頂という感じがする。

ⅠM7じゃなくただ単にⅠだと終始感が強くて繰り返すのには向いてない。そのあとⅣとかに行きそう。Ⅱ- V- Ⅰ-Ⅳ- Ⅶ-5- ⅢMaj ...みたいな 5度下降と4度下降を繰り返す反復進行だ(話が大脱線)

 

Ⅳadd9 - Vadd9-   Ⅵ- Ⅵ

 

SDから開始、誰もが知ってる456も9thをつければ新鮮な感じに。ちょっと明るくなる。

 

 

Ⅵ7-  Ⅲ7-  ⅣM7  ⅣM7

切ないけど暗すぎないから好き

機能的にT-D-Tをやってるように聴こえるけど代理されすぎててよくわからない。

コード進行を体系的にまとめたい

趣味でコード進行を収集しています、とりあえず世の中のコード進行を全て記憶することを頑張ろうとしましたが、やはり時間が経てば忘れていくので何かしらの媒体に蓄積していこうと思いました。なので自分のために書いています。知識を蓄積する上で大事だと思った要素が3つくらいあります、①体系的に分類する②情報の圧縮率を高く③実用的な場面で取り出しやすくするため、タグ付けをする ④自分がその進行が好きかどうか

①はまず4つからなる循環コードなのか、強進行で構成されるのか、同主調借用などの調号が変わる要素があるのか、またはそうでないのか、など大枠で分類するべき特徴だなと思います あと、基本的にコード進行と言っているのは3~4個以上のコードのまとまりを指しています

②は、基本的にコードは相対音感的にディグリー表記で捉えて考えようと思っています

③を最近までないがしろにしていたと思います、知識を引き出しにたくさん蓄積しても、出すべき場面で引き出しから取り出せないと使えない情報になってしまう、実用という視点を見たときのタグ付けをしたいです、ex.メインテーマの頭で使える 展開する時に使える 何回も繰り返すときに使いやすい...など 

「あの曲のあの部分のコード進行」というのも、実用例という点で③の見方だと思います

④が一番大事、やはり収集だけでなく、作曲に還元するのが目的なので、好きか嫌いかという「重さ」を情報に与えないといけないと思います、軽く扱われるべき情報と重く扱われる情報があるみたいな。その人の作曲の個性とは、その人の持ってる音への感受性や、その人の趣向を集めたものだと思います。

風になるのBメロ

‪風になるのBメロは属調に転調してから属調でⅠ- Ⅱm7- Ⅲ♭dim- Ⅰ7/Ⅲをかまして元の調に戻してるということかなあ

 

 

minor3rdエモい

最近流行ってる、ぼくのフレンドのサビの「とびっきりーの長いお説教は」の「お」の音がB♭で、主音から見てminor 3rdの音だけどここがエモいなぁ

ここのコード進行はAm7 D♯dim EmでD♯dimにシ♭を当てに行ってる感じ。不安定なコードかつ音がぶつかりそうで際どいのでエモいと表現してる。

Twitterで弾き語りverを聴いたけどAm7 Am7-5 Emみたいになっててさらにエモかった。AとB♭はminor 9th(短9度)なので、危険感ある。最近、ポップスの短9度が良いのか悪いのかわからなくなってきた。明らかなミスで発生する短9度もあるけど、メロディが行きたい方、コード行きたい方に行った結果ぶつかってしまうとか、ちゃんと次の音に解決してればエモい演出として大正解なのかもしれないなぁ。

もう一つメモしておきたいけど、菅野よう子のプラチナについて。サビの「超えられないものはない~」のとこの「もの」でminor 3rdの音が一瞬出てくるんだけど、ここがとても好きで、また、コードを表すとVm7/Ⅰとなってる。おおざっぱに見ればこのコードの機能的にはⅠ9やⅠ7と似たようなものだとは思うけど、Vm7/Ⅰにするとmajor 3rdの音がないのでminor 3rdが入るメロディとぶつからないから、とても合理的だし綺麗だと思う。ここをⅠ7とかⅠ9にするだけで違和感が半端ない。第三音があるかないか随分印象が変わるなぁ。ガッチガチのポップス理論だとⅠ7を使いがちだろうけど、メロディと協和というそもそものコードの原理をよく考えたらⅠ7じゃなくてVm7/Ⅰなのは上述の話から当然なんだろう。オンコードだからテクいとかそんなんじゃないんだなぁ。

シンプルな現象を表現するために人間が使う記号が、シンプルだとは限らないというか。これをよく感じる。

プラチナはそもそも凄い要素が多すぎるので言及しきれなさそう。

疑問点

Vm7/Ⅰ→Ⅳって ⅣをⅠとみると、 Ⅱm7/V→Ⅰと同じだなと思う、当たり前かもしれないけど、なんか深いものを感じていて何かわからない

 

今日わかったこと 違う調からⅡ-Vを借りてくる

Godknows...のコード進行について考えていたら違う調からⅡ-Vを借りてくることができるということがわかったので覚え書きしておきます

コードはここからお借りしました(https://ja.chordwiki.org/wiki/God+knows%e2%80%a6

 

まずサビのコード進行

f:id:pommerice3:20160218102423j:plain

この曲はkey=Eなので、このフレーズの繋ぎ目で出てくる(「~輝いて」のあと)のBmは本来Vの和音、Bであるのが普通のように見えるけれど、次の頭の出てくるAM7(key=EにおいてⅣの和音)をⅠと見なせば、Bm→E→AM7はkey=Aで、ツーファイブでAM7に解決した、と思うことができてます

つまり部分的に他の調のツーファイブを借りてきたんだな、と分かります

(ちなみにこの間のEを省略することもあるので急にVの和音がマイナー化したように見えます)

次に、Aメロのコード進行を見てみます

f:id:pommerice3:20160218104616j:plain

最初のC#mはⅥということにして、同じようにkey=Eだと思って見ていくと、また繋ぎの部分で見慣れないコードがありますね、D#m7?どこから来たんだ、って思ってしまいますが、これも先で言ったほかの調からⅡ-Vを借用することで出てきたコードです

今回お借りしたのはkey=C♯mからで、本当はkey=C♯mのⅡの和音はD♯m♭5ですが、短調でⅣをメジャー化してもよかった(ドリアのⅣ)ので、

D#m7はドリアのⅣに近い響きのⅡということにしていいんじゃないかなと思います、
(Ⅱの第5音を半音上げた和音を指す専門用語知ってる人いたら教えてください)

、なのでD♯m7→G♯→C#mはkey=C♯mでⅡ→V→Ⅰを作ってることになります。

 

これら上手く使えれば、コード進行の幅が広がりますね

 

あらためてGodknows...を聴いてみて、フレーズの繋ぎ目など目立たないとろもしっかりコードやフィルが作りこまれていて、クオリティが高いなと思いました

 

つまり、神前暁 is God (結論)

 

神前暁さん本当大好きです)