読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風になるのBメロ

‪風になるのBメロは属調に転調してから属調でⅠ- Ⅱm7- Ⅲ♭dim- Ⅰ7/Ⅲをかまして元の調に戻してるということかなあ

 

 

minor3rdエモい

最近流行ってる、ぼくのフレンドのサビの「とびっきりーの長いお説教は」の「お」の音がB♭で、主音から見てminor 3rdの音だけどここがエモいなぁ

ここのコード進行はAm7 D♯dim EmでD♯dimにシ♭を当てに行ってる感じ。不安定なコードかつ音がぶつかりそうで際どいのでエモいと表現してる。

Twitterで弾き語りverを聴いたけどAm7 Am7-5 Emみたいになっててさらにエモかった。AとB♭はminor 9th(短9度)なので、危険感ある。最近、ポップスの短9度が良いのか悪いのかわからなくなってきた。明らかなミスで発生する短9度もあるけど、メロディが行きたい方、コード行きたい方に行った結果ぶつかってしまうとか、ちゃんと次の音に解決してればエモい演出として大正解なのかもしれないなぁ。

もう一つメモしておきたいけど、菅野よう子のプラチナについて。サビの「超えられないものはない~」のとこの「もの」でminor 3rdの音が一瞬出てくるんだけど、ここがとても好きで、また、コードを表すとVm7/Ⅰとなってる。おおざっぱに見ればこのコードの機能的にはⅠ9やⅠ7と似たようなものだとは思うけど、Vm7/Ⅰにするとmajor 3rdの音がないのでminor 3rdが入るメロディとぶつからないから、とても合理的だし綺麗だと思う。ここをⅠ7とかⅠ9にするだけで違和感が半端ない。第三音があるかないか随分印象が変わるなぁ。ガッチガチのポップス理論だとⅠ7を使いがちだろうけど、メロディと協和というそもそものコードの原理をよく考えたらⅠ7じゃなくてVm7/Ⅰなのは上述の話から当然なんだろう。オンコードだからテクいとかそんなんじゃないんだなぁ。

シンプルな現象を表現するために人間が使う記号が、シンプルだとは限らないというか。これをよく感じる。

プラチナはそもそも凄い要素が多すぎるので言及しきれなさそう。

疑問点

Vm7/Ⅰ→Ⅳって ⅣをⅠとみると、 Ⅱm7/V→Ⅰと同じだなと思う、当たり前かもしれないけど、なんか深いものを感じていて何かわからない

 

3/5

うーん、また今日が今日なんだという意識を持って生活ができてない気がする

あらゆる今日が忘却されて無に帰していく気がする。

記憶には意味記憶エピソード記憶が2種類あるらしい。

意味記憶が文字や数字で表すことができる言語的なもの例えば人の名前などで、エピソード記憶は文字や数字では表しきれないもの例えば人の顔や体験した情景、感情、匂い、音、誰と?など。

昨日の何食べたとか思い出せない人はエピソード記憶が弱い傾向にあるかもしれない。自分は記憶力がある方だとずっと思っていたのだけれどそれは意味記憶の方で、エピソード記憶に関してはめちゃくちゃ貧弱なことがわかった。それが最近の悩みで、昔の記憶があんまりないし、どういうことかというと例えば数ヶ月に行ったコンサートの内容が思い出せない、そもそも行ったことも他人に指摘されるまで忘れてたりする。このことを感じ始めてから、どうせ忘れてしまうのに何故コンサートに行くのか?とか思ったりした。多くの人にとって思い出がたくさんあるであろう小中高校生のときのことあんまり覚えてないや。反面、得た知識は忘れてない。

あらゆる出来事は忘れられて無に帰っていくけど、作成したものや言語的な記憶・記録、知識は消えずに残っていってくれるっぽい。つまろ自分は毎日何か知識を得て、何かモノや記録を残し続けないと、本当に毎日が無になってしまう。

エピソード記憶を鍛えるとかより、毎日何か残すことを目指した方がいい。

2/18/2017

完全に忘れてた昔の出来事を思いだすことがあると、自分は他のもっと多くのことを忘れて生きてることに気づき、しかし何を忘れているかは具体的にわからないところが恐ろしいなと感じる

2/16/2017

毎日がEveryday感が希薄になってきた今日は夜に寝て、午前中に起きたので生活リズムが戻せてよかった

2/15/2017

最近忙しかったので食事がお弁当や食堂が多くなって出費が重んだ気がする。もともと値段を気にして食事とかしなかったけど、一人暮らしを続けてるといろいろわかるようになったなぁ。

2/14/2017

また日を跨いでしまった

星野源のコピーバンドをすることになったけどSUNのピアノとストリングスをどう平行してやるか考えてる。

①ピアノだけやる

メリット とても楽だ デメリット 全体として音がしょぼい。

②ピアノとストリングスをやる

メリット 原曲再現率高し。 デメリット 僕が忙しい、手が足りない説。

③ストリングスのメロディを取り入れつつピアノを再編曲する

これは折衷案。アウフヘーベン案ともいう。

 

とりあえず②を頑張って、無理そうな部分は適宜編曲して③をやることにしよう。この曲はやっぱストリングスの比重高いと思うのでそこを切ることはできないと思う。

というわけで②をうまくやるために

https://www.amazon.co.jp/Novation-33985-%E3%83%91%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%A9-Launchpad-MK2/dp/B0107RTB9G

 

を買った。

ストリングスは何個も音を重ねてて指が足りないので、あらかじめ重ねた音をここに登録しとけば上手くいくのではという作戦。